恐れず侮らず

英語の勉強を始めましょう

基礎英語1(2016)/July (review)

7月分の総復習(駆け足)

Lesson 61-64

  • TomioはCMデビュー。でも自分の演技に自信がない。Sayaはサッカーの試合にデビュー。相手チームは強そうだ。
  • 最近の基礎英語では、I'm excited.を「楽しみにしている」というように訳すことが多いが、違和感がある。もっと興奮しているニュアンスではないのか。今回は「わくわくする」だったから、良いのだが。
  • Break a leg. = 頑張る、うまくやる 〔これからステージに出る人や、オーディションを受ける人などに対して、Break a leg.(脚を折れ)という表現が使われることがある。「脚を折れ」とは不吉なことだが、逆に「演技がうまくいくことを祈る」という意味で使われる〕
  • RonがSayaにお弁当を作って渡す。まただ。中学一年生に、相手の親に断わりも入れず、勝手にお弁当を作って渡すかなあ。スキットに描かれないだけで、事前に親同士で話がついていた、と解釈しよう。

Lesson 66-69

  • SayaとJakeがお祭りに行く。Jakeが浴衣が気に入ったので、レンタル浴衣を着てみる。
  • Ron、Tomioと合流。みんなでかき氷を食べる。

Lesson 71-74

  • Saya、Jake、Noriakiの三人で学校からの帰り道。Sayaは風花高原がいかにいい所かを力説。
  • SayaはJakeを風花高原に誘う。「一緒に行っていいの?」と訊くJakeに、お父さんの許可を取ってねと答える。これが正常な対応だ。
  • SayaはNoriakiも誘うが、夏期講習があるから行かれないと答える。それを聞いたJakeは「残念だ」と言うが、心の底から残念だと思っているだろうか?(笑)
  • 実はRonは風花高原の出身だった。

Lesson 76-79

  • JakeとSayaは風花高原へ行く。そこにはSayaの祖父母が住んでいる。祖父と一緒に風花山へ昇り、頂上からの夕日を眺める。
  • Sayaの誕生日。バースデーケーキを食べる。
  • CAN-DO表現ではないが、Leave some room in your stomach.も使える表現だ。
  • 祖父がいるとはいえ、SayaとJakeはひとつ屋根の下で幾晩かともに過ごすことになる……。サマンサ(基礎英語2のパートナー)でなくても、今後の二人の関係が気になるところ。