恐れず侮らず

英語の勉強を始めましょう

conversation

ラジオ英会話2019/Lesson 16 (2 times)

Lesson 16 (2 times)

ラジオ英会話2019/Lesson 19

Lesson 19

ラジオ英会話2019/Lesson 18

Lesson 18

ラジオ英会話2019/Lesson 17

Lesson 17

ラジオ英会話2019/Lesson 16

Lesson 16

ラジオ英会話2019/Lesson 11, 12 (2 times)

Lesson 11 (2 times) Lesson 12 (2 times)

ラジオ英会話2019/Lesson 15

Lesson 15 Listening Challenge! は全問正解。

ラジオ英会話2019/Lesson 14

Lesson 14

ラジオ英会話2019/Lesson 13

Lesson 13

ラジオ英会話2019/Lesson 11, 12

Lesson 11 Lesson 12

ラジオ英会話2019/英語学習のエッセンス (2)

英語学習のエッセンス (2)〔2019-05〕 「クイックレスポンスができて初めて、その単語を知っているといえる」 「セルフチェックを繰り返すとよい」

ラジオ英会話2019/こんな本どうですか (14)

こんな本どうですか (14)〔2019-05〕 出口治明「人生を面白くする本物の教養」 英語を「話せない」のではなく「話す内容を持っていない」という指摘は耳に痛い。

ラジオ英会話2019/Lesson 8, 9, 10

Lesson 8 wonderful は wonder が full の意なんだと。へえ。 Lesson 9 This is my treat は「私のオゴリ」の意。 onは「上」ではなく「接触」の意味で、カレンダーが壁にかかっているのも蚊が天井に止まっているのもon、ということまでは知っていた。が、on…

ラジオ英会話2019/Lesson 7

Lesson 7 overはアーチ。Let's talk over a cup of coffee. のoverも、会話がコーヒーの上でアーチ状に飛び交うイメージだとか。

ラジオ英会話2019/Lesson 6 (2 times)

Lesson 6 (2 times) まだテキストなしだとよく聞き取れない箇所がある。電車の中という事情もあるが。

ラジオ英会話2019/Lesson 6

Lesson 6 about, around Notes informativeは少し前に入門ビジネス英語でも出て来たが、意味を捉えられなかった。 Perhaps an informative tone, because we need to educate web visitors first. (2018, Lesson 30) I hope it will be as informative as th…

ラジオ英会話2019/Lesson 1, 2, 3, 4 (2 times)

Lesson 1 (2 times) Lesson 2 (2 times) Lesson 3 (2 times) Lesson 4 (2 times)

ラジオ英会話2019/Lesson 4, 5

Lesson 4 during と for の違いはわかるな。 Lesson 5 (Review) Listening Challenge! は全問正解。 Practical Challenge! は書いてみないと無理だなあ。

ラジオ英会話2019/Lesson 3

Lesson 3 一回目でよくわからない箇所があったのだが、三回目でわかった。

ラジオ英会話2019/英語学習のエッセンス (1)

英語学習のエッセンス (1)〔2019-04〕 語彙力、文法力、読書力ね。

ラジオ英会話2019/こんな本どうですか (13)

こんな本どうですか (13)〔2019-04〕 「日本国憲法」(岩波書店) 日本国憲法そのものをちゃんと読むことも、大日本帝国憲法との比較、パリ不戦条約との関連性も大事だ。日本語でも読むべきだろう。 「戦力」はwar potentioalか。なるほど。

ラジオ英会話2019/Lesson 2

Lesson 2 テキストなしでもダイアログは聞いて理解できる。一回目で「おや?」と思う箇所があっても二回目にはわかる。練習課題はそこまで簡単ではないけど、このくらいが自分のレベルとしてはちょうどいいのかも知れない。 betweenは二者の間、amongは三者…

ラジオ英会話2019/Lesson 1

今年はこの番組を聞くことにする。その初日。 Lesson 1 番組パートナーである秋野ろーざ、Paul Chris McVayの冒頭の挨拶(もちろん英語)ははっきり聞き取れた。よし。 Kayleyは、特別快速に乗ったわけではなく、単に吉祥寺を乗り過ごしただけかも知れない。…